© 2017 Give and Give / 医療費の低下は未来への貯金

腸内細菌って何!?

June 21, 2018

さて、皆さま。

本日も " ミスターT " と共にお届け致します!

 

 

 

 

 

 

⇦ ミスターT

 

 

 

 

と言いながら、随分とご無沙汰になってしまっていました。

笑えないぐらいにご無沙汰ですm(_ _)m

そもそも、" ミスターT "って何!?ってところからですか?

申し訳ございません、最初のブログをお読みくださいm(_ _)m

 

 

やはりブログは大事ですね。

と感じるきっかけがございました。

 

と言うのが、私、妊活サイトへの記事を書かせて頂いております。

ありがたいご縁で、私の幅も広がりました。本当に。

その記事は人生で初めて " お金を頂いて記事を書く " というモノです。

そりゃ〜も〜、ふんどしを締め直しますよね!笑

 

運営サイトの方も、記事を気に入って頂いた様でして。

記事を持って、助産師さんから推薦文を頂こうと奔走してもらった様です。

結果として、無事に複数件頂けた様で…。

嬉しいですよね〜…涙。

いや、それが言いたかったんじゃないです。

これに関する事を描いてたらそれだけで終わりますので、また後日。

 

その記事が、妊活女性のブログで紹介されてたのを偶然発見しまして。

目を疑いましたね。

 

よもや!

自分の記事が、他の方のブログで紹介されていようとは思いもしませんでした!涙

 

 

 

そんなこんなで。

普段は対面でお話しさせて頂く事がメインなのですが、これからはしっかりとブログも更新して行こうと思います。

 

その復帰後1つ目は何を書くかです。

私がこの業界に入るきっかけとなった事にしましょう。

きっかけ自体は乳酸菌なんですけどもね。

乳酸菌の前に、知っておかなくてはいけない事があります。

 

 

さて、人生に介入してくる「菌」と言えば…なんでしょうか。

 

私が小学生の頃は、お尻にペタってするアレ。

アレの検査がありましたよ。

 

アレって何だっけ…。

アレって分かりますか?

あの青か緑か。あの色のアレをお尻にペタってするアレ。

 

アレは何の検査だったのか。

この話しをするつもりは無いのに、書いてしまったから気になって仕方ない!

 

………。

 

はい、検索してきました。

私、勝手なイメージで「大腸菌検査」かと思っていましたが、「ぎょう虫検査」の様ですねm(_ _)m

 

 

その「菌」と共に生きて来た人類。

今回は『腸内細菌』にスポットを当てます。

 

腸内細菌には、600兆もの最近が生息していると言われています。

…どうですか?

我々の腸内には、それほどの最近がいるっていうイメージできますか?

600兆なんてデタラメな数字、イメージができません。

もう、うじゃうじゃしてるって事は分かります!笑

 

その、群雄割拠の腸内環境は、【 腸内フローラ 】と呼ばれ、これが綺麗であれば腸内の状態が良いと言われています。

しかし、綺麗とはどういう状態なのでしょうか。

 

誰が天下を取ってもおかしくない腸内では、主に3つの軍勢が常に縄張り争いをしています。(イメージ上のお話しです)

某麦わらマンガの様に、『腸内はまさに、大細菌時代』という奴ですわ!笑汗涙

 

その3つの軍勢はこの様に分けられます。

・善玉菌

・日和見菌(ひよりみきん)

・悪玉菌

 

2つの菌は有名だと思いますが、真ん中の「日和見菌」は有名ではないですね。

一体何者なのでしょうか…。

 

この3つの軍勢には有名な武将がいます。

 

善玉菌:乳酸菌、ビフィズス菌。

       これは有名ですね。

     腸内環境を整え、栄養素の消化・吸収を手助けしてくれています。

 

日和見菌:バクテロイデス、大腸菌(無毒株)

     腸内細菌の最大勢力でありながら、普段は善玉菌と一緒に、栄養素の消化・吸収を

     手助けしてくれています。

     しかし、腸内環境の情勢を常に見ています。

 

悪玉菌:ウェルシュ菌、大腸菌(有毒株)

     腸内環境を荒らし、下痢・便秘等の様々な症状を引き起こす。老化の原因でもあります。

 

善玉菌がお仕事をしていれば、ヤンキーの悪玉菌は善玉菌の邪魔をしにきます。

もうここで戦争に発展します。

綺麗な消しゴムの角っこを他人に使われてキレてしまった穏やかな青年のごとく、一瞬で修羅場へ!

 

と言いながら、イメージとしては以下の感じです。

この画像は3勢力が上手く描かれています。

 

 

引用:http://www.biofermin.co.jp/nyusankin/choflora/

 

ここでは、善玉菌・悪玉菌が綱引きで争い、どちらかに傾こうモノなら、日和見菌は強い方に加担します。

そして、弱い方を一瞬で畳み掛けます。

そりゃ〜そうです。

最大勢力がいきなり敵になれば、少数勢力の方は勝ち目がありません。

 

 

この日和見菌の様な人…

 

実生活でもいますよね…笑

 

 

善玉菌が強いのであれば、人の免疫力も高まり、体調を崩しにくい状態になります。

また精神的にも充実感を感じ、体中みなぎるパワーも感じます。

朝の目覚めもよく、目がしっかり開く感じ等々…

良い事づくしです。

他にも良いことがあるのですが、今回は最初なので控えめに。

 

また、悪玉菌が強いのであれば体調不良へ真っ逆さまです。

病気になりやすくなり、下痢・便秘は当たり前。

顔色も悪く肌荒れ、死んだ魚の目になります。

朝は体が重いので、上手く起き上がれなかったり。

良いことがありません。

 

しかしながら、情勢はいつでもコロコロ変わります。

 

規則正しい生活をする事で、善玉菌の援軍を送る事ができます。

具体的には…

 

・発酵食品を食べる。

 

・乳酸菌を取り入れる。

 

・食物繊維(野菜・海藻・豆類等)を食べる。

 

・オリゴ糖(野菜・豆類等)を食べる。

 

・肉を食べる割合を下げる。

 

・小魚、青魚を食べる。

 

 

その逆に、悪玉菌にも援軍を送る事が出来ます!

具体的には…

 

・肉中心の食生活

 

・ストレスが多い

 

・運動不足

 

・睡眠不足

 

・趣味がない

 

・PC、スマホを多様する。

 

 

この様に、腸内環境はある程度自分で操作する事が可能です。

わざわざ悪くする必要もありませんので、極力良い状態を保ちたいですね。

 

では、今回はここまでで!

腸内環境の三大勢力のお話しでした〜♪

 

良い夢見られます様にm(_ _)m

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

記事一覧

September 28, 2017

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square